FC2ブログ
2009-06-17(Wed)

ピッコロの野性的本能

ピッコロ兄弟、元気です!
617.jpg
『よく似てるので青君と黄色君にしました』


可愛いって・・・
IMGP7662_convert_20090617084411.jpg
『子育てが上手なピッコロ・・・出産前までのピッコロとは別犬のようです』


野性的本能・愛
IMGP7657_convert_20090617084040[1]
『黄色君が離れたので・・・』

IMGP7658_convert_20090617084141.jpg
『くわえて・・・』

IMGP7659_convert_20090617084209.jpg
『奥に連れていき・・・』

IMGP7660_convert_20090617084254.jpg
『定位置へ・・・』

IMGP7664_convert_20090617084500.jpg
『ホッと一安心!のピッコロ』

ブリーディングされた方はご存じでしょうが、
子犬を守ろうとする本能・・・
子犬をくわえる・お腹の中に入れて隠す・
おしっこ・うんちを食べ、体を舐めてきれいにする・・・など、
野性で生きている“母 ”が“子供”を守るために自然に身に付いた知恵、
今現在も、野生・家庭犬に関わらず、その本能は残っています。
子育てをする母犬達の“本能”には、いつも感動させられます。


この愛しき犬達を見ている日常の中で、たまに見る・・・、
人間の母親が子育て放棄する・虐待する・・・などの報道は、
非常に心が痛みます。

世の中の全て子供達が幸せであってほしい・・・。


にほんブログ村 犬ブログ テリアへにほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ ご覧になった方は、どちらか1押しお願いします。


犬はかけがえの無い、人間のパートナーであり、その関係は神秘的ですらある。
そんな犬好きの誰かが言った。
「子供が生まれたら子犬を飼うがいい、
子犬は子供より早く成長して、子供を守ってくれるだろう。
そして子供が成長すると良き友となる。
青年となり、多感な年頃には犬は年老いて死ぬだろう。
犬は青年に教えるのである、死の悲しみを」
ゴルゴ13『黄金の犬』より/1999年2月作品

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ccterriers

Author:ccterriers


CEDAR CREEK TERRIERS
テリア専門犬舎 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター