2011-09-22(Thu)

偉大なるテリアマンの訃報

アメリカのテリアマン・Ric Chashoudianが亡くなりました。

9/20朝リック・チャシューディアンが亡くなりました。
世界中のテリアマンに多大な影響力を与えた、
テリアマンなら、この名前を知らない人はいない・・・という程著名な人物です。
チャシューディアンの訃報はショックでしたが、
しかし、彼とテリアを通じて同じ時代に生きていた事、
彼のハンドリング、ジャッジングをライブで見れた事などに感謝します。

彼がJKCの審査員として招聘され、テリアのジャッジングをされた際、
当犬舎のエアデールとワイアーを2度ジャッジングしてもらいました。

1度目は約20年前になりますが、FCIインターでエアデールのオスを出陳し、
テリアグループ2席を頂きました。

2度目は、2006アジアインターでワイアーF・メスがテリアグループ1席に指名され、
そして、我が弟子達も、中沢さんがエアデール・メスで4席、
櫛引さんがウエルシュ・オスで4席に選ばれた、至福の1日でした。
我々は、テリアの原産国・イギリスに近づくようにテリア作りに励み、
サレドン犬舎主・ジュディの協力を得て、ブリーディングを続けていました。
その我々のテリアがアメリカの著名なテリアマン・チャシューディアンにも
認められたことは、言葉にならないほどの喜びでした。
その時の模様は、下記のHPに掲載されていますので、ご覧ください。
http://www.cc-terriers.com/asia-int.htm

チャシューディアン

このショーが日本での最後のジャッジングとなりました。
最後のショーでチャシューディアンから評価を得たことを誇りに思います。

もう1つの思い出・・・
チャシューディアンによる講習会が行われた後、
主催の瓜生氏、福山先生、露木氏、滝口さんなど、
現在、テリアマンとして第一線で活躍されている方々と
チャシューディアンを囲んで「もつや」で酒を酌み交わしたことです。
もう2度とこのメンバーで集まることは出来なくなった事が残念です。

彫刻家チャシューディアンのセンスと才能

チャシューディアン3

チャシューディアン4

チャシューディアン2
『チャシューディアンは著名なブロンズの彫刻家でもありました』
これらの作品は、犬の骨格構成を熟知しているからこそ作れる、
リアリティーに富む、魅力的な作品です。


"I believe judges are the architects of the breeds", he says.
"What judges put up, people breed to".

チャシューディアンは今、自身でブリーディングされたテリア達に囲まれ、
天国で楽しい時を過ごされていると思います。
同じテリアマンとして、素晴らしい刺激を与えて頂いた事に感謝致します。
安らかにお眠りください。Sleep well-happy dream
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

偉大なるテリアマン

どうか安らかにお眠りください。
プロフィール

ccterriers

Author:ccterriers


CEDAR CREEK TERRIERS
テリア専門犬舎 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター