FC2ブログ
2011-01-14(Fri)

感動した話・忠義心

先日届いた一通のメールに感動

エアデールの子犬の問い合わせの中に、
心暖まる内容が書かれていたので、許可を得て掲載します。
新潟の会さんファミリーと2年前に逝った“ショコラちゃん”との絆!


ショコラ
『ショコラ専用クッションでお目覚めの1ショット』
リビングの一角にあり、夜は大体ここで寝ていました。
主が不在の今でも同じ場所に置いてあります。

ショコラ2
『海の側にある、とても大きな公園で散歩中』
天気の良い日は通勤の途中で車を降りて、よくここで散歩をしました。
冬は寒すぎて、とても居られる場所ではないですが・・・。


会さんからのお便り


はじめまして、会と申します。
ブログを拝見してエアデールの子犬の誕生を知り、メール差し上げました。

我が家にも2008年までエアデール(ショコラという名です。)の女の子がいたのですが、
残念ながら14歳で旅立ってしまいました。
1年空けてまたエアデールを・・・と家族で話していたのですが、
娘がまだ小さく(現在4歳です)、
中々タイミングがつかめずに2年半近く経ってしまいました。

妻がエアデールの子犬情報を探してくれていて、
女の子が6匹生まれた事を聞き、昨年からブログを拝見していました。
希望通り女の子で、いい時期かな・・・とも思ったのですが、
中々踏ん切りがつかず、ようやくメールを差し上げた次第です。

本当はすぐにでもご連絡差し上げたかったのですが、
中々決断できなったのは子犬の世話をした事が無い為です。
ショコラがいた10年の内、娘も一緒に過ごしていたのは最後の2年間だけなので、
あらたに子犬を迎えた時の様子が容易に描けなかったのです。

私一人の望みであれば諦めようとも思ったのですが、
今回、家族の後押しも得られたので、もう一度チャンスがあればと考えています。
もし、まだお譲りいただけるエアデールがいれば、ご検討いただけないでしょうか。
ショー等に連れて行く事は難しいと思いますが大事に育てます。
自営の為職場にも連れて行けるので、
家で留守番させる事なく一緒に居る事ができます。


ショコラは成犬になってから我が家にやってきました。
元々犬好き夫婦なので、ペットショップはよく覗いていたのですが、
ある日エアデール、メス、2歳里親募集の張り紙を見て、
数日後に家族になりました。

ところが数ヶ月後に送られてきた血統書をみると、なんと4歳でした。
はじめての犬なのに体も大きく、しかも成犬だったので私はどう接しよいか判らず、
ショコラが来てはじめての休みの日は、犬の移動する場所にくっついて行き、
一日中ただ犬の脇で添い寝させてもらっているという始末でした。
それでもエアデール本来の賢さか、すぐに馴染んでくれました。

振り返ってみるといろんな思い出があって、本当に大きな存在なんだなあと思います。



このメールを読んで、まず思ったのは
「ショコラは良いオーナーに巡り会えてホントに良かった」事。
エアデールの、また、テリアのブリーダーとして嬉しかったです。

次に、いい加減なブリーダーとペットショップを遺憾に思いました。
年齢もはっきりしないまま里親に出された4才のショコラの犬生・・・。
血統書を見れば、ブリーダーは分かり、
ショコラの4年間の歩みは分かると思いますが、
あまりにも可哀想すぎて、私は知ることを躊躇します。

飼い主が変わることは、それぞれの事情があるので、
自分勝手な理由でない限り、一概に攻める事はしません。
ただ、愛犬のその後の生活が幸せになるように、
責任を持って暖かいファミリーを捜して、手放してほしいです。
それが、元飼い主の最低のルールではないでしょうか?

ショコラの場合、どんな理由で手放されたのか分かりませんが、
年齢も把握できないペットショップに第二の犬生を託した、
ブリーダー、または元飼い主の無責任さに憤りを感じました。


無計画なブリーディングは避けてほしい。
子犬が幸せな一生を送れるように、ブリーダーは責任を持たなければならない。


会さんのメールを読み、ショコラの笑顔を見て、色々考えさせられました。
ショコラは会さんファミリーによって、笑顔が戻ってきたのだと思います。
そして、ショコラの忠誠心によって、会さんファミリーにも幸せが・・・。

人生は偶然出会った人達によって、一生が色々変わります。
犬も同様です。
口をきけない動物たちが、飼い主によって幸せな一生を送れる事を心から願います。

幸せな一生・・・いかにお金を掛けて育てるのではなく、大事なことは“愛”です。


にほんブログ村 犬ブログ テリアへにほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ ご覧になった方は、どちらか1押しお願いします。

テリアブログランキング携帯でご覧の方は、こちらを1押しお願いします。


忠臣蔵
昨日、“最後の忠臣蔵”を見てきました。
周りの者に罵倒され、疑われようとも、
信じた人に一生を捧げる勇気、根性に感動しました。
最近希薄になっている人との関わり合い、また家族間、そして師弟関係など。
目上の人を尊敬する、自分の感情を抑えて、上司に忠義を誓う・・・
人として大事な事だと思います。
“最後の忠臣蔵”を見て、プライドとは?を考えてみては如何ですか?

昨日はショコラの事、武士&男のプライド・・・
忠誠心にあふれた、感動的な1日でした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ccterriers

Author:ccterriers


CEDAR CREEK TERRIERS
テリア専門犬舎 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター