FC2ブログ
2008-04-14(Mon)

JKCテリア展

JKCテリア展開催!

2008年4月26日AM9時~
川越公園フットサル広場

審査員
藤畑富男
BIS、ヨークシャテリア

小林定男
エアデール、ベトリントン、アイリシュ、ケリーブルー、レークランド、ウイートン、ジャックラッセル、ウエルシュ、ワイアーフォックステリア

田下政雄
ノーフォーク、その他の3G

日本でのテリアブームで日増しに強まってきた『テリア展開催を・・・』の声を繁栄して、4月26日(土曜日)川越水上公園フットサル会場にて開催が決定しました。

 前回のテリア展は5年前で、英国よりサレドン犬舎主ご夫妻を審査員として招聘して成功を収めましたが、今回はテリアファンシャーの盛り上がりのお陰でそれ以上の感心が高まり、予想している出陳頭数(150頭)を大幅に上回ると思います。

 また、一つの会場でミニチュア・シュナウザーの単独展とテリア展を同時開催・・・という、初めての試みも感心の高まっている要因の一つと考えています。(アメリカではミニチュア・シュナウザーもテリアグループの一犬種で出陳頭数が常に多い人気犬種です)

 テリア展の出陳頭数の多い犬種は、短脚テリアではヨークシャーテリア・ジャックラッセルテリアと最近人気のノーフォークテリア、長脚テリアではワイアーフォックステリア、さらに近年根強いファンシャーを持つウエルシュテリア等と予想していますが、これも前回のテリア展の頃から徐々に繁栄してきたもので、ブリーダーの努力とファンシャーの熱意の賜と思います。
 
 一犬種がそれぞれ40頭以上の出陳頭数があれば単独システムとなり、メジャーポイントになります。また、テリアグループ展で出陳頭数が400頭以上に達すれば、各犬種にメジャーポイントが与えられます。日本では常に出陳頭数の少ないテリア達ですが、テリア展が盛り上がっていくことで陽の目を見る事となります。テリアファンシャーが一年に一度全員参加する事でテリア全犬種の更なる発展を切望します。

 400頭と言う数字は日本のテリア界にとっては大きな数字ですが、世界二大テリア展であるイギリスのナショナルテリア展、アメリカのモントゴメリー展の出陳頭数約2500頭以上から見れば20%にも満たない頭数であり、思いを一つにすれば可能な数字ではないでしょうか。

  このテリア展は今年から毎年開催します。将来の理想として、一人のジャッジが多くの犬種をジャッジングするのではなく、できる限り少ない犬種を、そしてテリアを理解しているジャッジを招聘したいと思っています。また、勝ち負けに拘らず、ブリーダー同士がお互いに研鑽しあえる犬質向上の場で有りたいと願っております。ご協力の程、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログ テリアへにほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ pushしてください
スポンサーサイト



プロフィール

ccterriers

Author:ccterriers


CEDAR CREEK TERRIERS
テリア専門犬舎 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード